お知らせ

ホーム > お知らせ > 2021年度 感染症に対する安全対策方針

2021年度 感染症に対する安全対策方針

ニュース2021/04/01

【安全対策方針】

①三密(密閉・密接・密集)を防止する。

   (換気・指定席・人数制限)

②体調が悪い場合は登校を控え、学院に連絡を入れる。

  ・体温

     37.5度を超える場合→受診する。・公認欠席。

     37.0-37.4度の場合→受診を勧める。(受診証明にて公認欠席)

③ 学生あるいは教職員に、感染者・濃厚接触者が出た場合には、管轄保健所に

  相談し、適切な対応をとる。

  ・学生及び教職員に感染者あるいは濃厚接触者が発生した場合は、速やかに出

   席停止措置をとる。(2週間・衛生主管部局や保健所と連携し対応する。)

 ④通常授業の実施が困難と判断される場合には危機管理対応をとる。

    <休校>

  「臨時休業等の必要性や実施する場合の規模や期間」については、県の衛生主

   管部局と相談の上検討する。

  ・東部地域における緊急事態宣言が発出された場合。(行政の要請に対応する。)

    <遠隔授業>

  ・遠隔授業(Zoom)の活用

 

【感染症に対する具体策】

1.登校後手洗い・うがいに加えて検温を実施する。

  ・担任を中心に、各クラスの授業前に検温を実施し体調確認を行う。

2.密接にならないよう指定席とする。

  ・最前列は空席とし、2列目より座席指定とする。

  ・座席は、〇●〇●〇  ●〇●〇●

       ●〇●〇●  〇●〇●〇

   上図のように、1列5人の座席配置を最大とする。

   前後は、重ならないように互い違いに座席を指定する。

3.飛沫感染対策

  ・学生・教職員はマスクを着用する。(施設内およびスクールバス内)

  ・講義中に教壇あるいは机間等を移動する場合はマスクを必着とする。

  ・普通教室の教卓にアクリル板が設置されており、教卓用の椅子に座り授業

   を進行する場合は、マスク無しでも可とする。

 4.こまめに換気を行う.

  ・授業中、廊下側の扉は開放しておく。(状況に応じて開閉可)

  ・授業途中に、適度に窓を開け換気を行う。また、扇風機を活用し換気の補助を行う。

5.実技実習科目の授業方法について

  ・マスクを着用する。

  ・実習前に手の消毒を行う。

  ・ベッドや使用器具等は、こまめにスプレー消毒する。

  ・従来の授業内容・方法から、具体的な感染対策を実施の上、安全性向上に努め実施する。

  ①実習室はベッド10台までに使用制限する。

  ②25名を超えるクラスの場合は、全体で行わず2つ以上のグループに分けて実施する。

6.図書室・カフェの使用

  ・窓を開け適度に換気を行う。

  ・空間(距離)を確保した指定された座席を使用する。

  ・飲食中以外はマスクを着用する。

  ・大きな声や会話など、できる限り控えるようにする。

  ・長時間の使用は控える。

7.特別教室の使用

  ・窓を開け適度に換気を行う。

  ・距離感を確保するなどに注意して使用する。

8.教室等の使用許可について

  ・小講義室・レクリエーション室の使用は禁止する。

  ・使用人数の制限を守る。

     学習目的→最大5人までとする。 実技目的→最大10人までとする。

  ・マスクの着用、大きな声は出さない、距離感を確保するなどの注意指導する。

  ・使用時間は、最大1時間30分までの貸し出しを原則とする。

 

◎通学に公共交通機関、スクールバスを利用する学生に向けて

  1. 公共交通機関(電車・バス)

   ①公共交通機関を利用する場合、常に正しくマスクを着用する。

   ②移動中には、車内のものに手を触れない。

   ③できるだけ人との距離を空けて利用する。

  2. スクールバスの対応

   ・乗車履歴に記入する。

   ・乗車に際し検温と手の消毒を行う。

   ・車内ではマスクを着用し、会話はできる限り控えるようにする。

   ・運行中、利用者の状況に配慮しつつ、窓を開け適度な換気を行う。

   ・定期的にスクールバス車内の消毒を行う。

  ▼送迎バス(沼津便)

    ・沼津便を利用する学生は、指定されたバスに乗車すること。

    ・往きの指定バスは、8時10分発と9時40分発の2本となります。

    ・帰りの指定バスは、14時40分発と16時30分発の2本となります。

     なお、補習等で指定されたバスに乗車しない場合は、指定便以外のバスを利

     用すること。(指定便以外の沼津便は20時50分発のみとなります。)

◎寮生活について

    ・各自の部屋で過ごすことを心掛ける。

    ・共有スペース(出入口・廊下)ではマスクを着用する。

    ・チュートリアルルームは使用禁止とする。

 

このページのトップへ