専門学校 白寿医療学院

トップページ >3学科紹介 > 理学療法学科

理学療法
学科

リハビリの
スペシャリストになる

特徴は4年制のゆとりと、世界レベルのテクニックを学ぶ授業。就職にも強い!

昼間部 4年制

理学療法学科

卒業時に取得できる資格

・理学療法士国家試験受験資格
・高度専門士(医療専門課程)

理学療法士の仕事とは?
病気や怪我で失ってしまった運動機能の回復と自立を支援するリハビリテーションのエキスパートです。医療・保健・福祉・行政・スポーツ・教育研究機関など幅広い分野で必要とされており、就職先も病院から行政機関など多岐に渡ります。

【こんなやりがいを感じられる!】
突然、身体が思うように動かせなくなってしまう。その大きな悲しみ、辛さを拭いさることができるやりがいがあります。歩けなくなった人が歩けるようになって涙を流す。その感動の瞬間があなたにもやってくるはず。スポーツ医学を取り入れた最新の治療プログラムを組むなど、プロスポーツ選手の競技復帰にかかわるトレーナーとして活躍する道も広がります。

動作解析

社会医療で活躍する
医療人を育てる為に、
あなたを
徹底サポートします。

本校では専任教員が、個々理解が深まるまで、また何が必要かを考えながら個別指導を行う等、強力なサポートを行っています。あなたの夢を実現する為のバックアップは惜しみません。

骨模型

"最新の機器と設備で
知識と実践力を養います。


骨・筋肉・脳神経などの生体メカニズムを基礎から学習。解剖学・生理学・運動学などを基に実技、学習を豊富に取り入れながら、確かな知識と技術を身につけていきます。

レッドコード実習

"PNFテクニック+
スリング・エクササイズ・
セラピーで世界基準の
治療技術が身につきます。

世界に目を向けた治療技術を第一人者から学びます。またプロスポーツ(野球・バレーボールなど)に関するインターンシップ研修なども積極的に行っています。。

学科のポイント

Q&A

Q1
3年制と4年制の白寿医療学院って何が違うのですか?
A1
4年制を卒業すると、高度専門士(医療専門課程)の称号が得られ、大学院への入学が可能となります。また、4年制を活かし、PNFテクニックなど世界の技術を身につけられるとともに、実践的な授業も多く学べます。
高校卒業から大学院入学までの流れ
Q2
理学療法士国家試験合格率と就職先について教えてください
A2
ほぼ全員が国家試験に合格し、
医療機関を中心に幅広い就職先があります。
授業風景
 
 

【就職先】
静岡県内/伊豆医療福祉センター、慈広会記念病院、中伊豆温泉病院、中伊豆リハビリテーションセンター、NTT東日本伊豆病院、岳東クリニック、熱海所記念業院、フジ虎ノ門整形外科病院、清泉クリニック整形外科、沼津整形外科医院、沼津リハビリテーション病院、介護老人保健施サン静浦、富士脳障害研究所付属病院、中東遠総合医療センター、三島総合病院、下田メディカルセンター、湖山リハビリテーション病院、富士いきいき病院、三島中央病院、伊豆保健医療センター 他

Q3
白寿ならではの授業があると聞いたのですが。
A3
例えばレッドコードを利用した「スリングセラピー」など
先進の授業があります
授業風景

●レッドコードを用いた"スリング・エクササイズ・セラピー"
 レッドコードはノルウェーで誕生した器具を用いた運動療法で、天井から垂らした紐に腕や脚、体を任せて体のこわばりを治したり、トレーニング(高齢者からプロスポーツ選手まで)に活用されたりと用途の幅が広い事が特徴です。日本では未だ導入している病院は少ないですが、非常に注目されているアプローチです。

リラクゼーション
(痛みを和らげる)

筋力トレーニング
(抵抗無し~最大抵抗)

バランス練習 など...

●その他にも...
 ・PNF ・スポーツトレーナー研修
 ・動作分析研究など、さまざまな授業を用意しています。

授業風景
Q4
どんなカリキュラムがあるのですか?
A4
授業風景授業はより実践的で高度な技術が身につく4年制カリキュラムで、下記科目です。講義形式の授業の他に、様々な実技授業が行われます。また、学んだことを実際の病院やクリニック、施設などで体験する実習では、理学療法士の先生方から直接指導を受けることができます。
Q5
在学中にスポーツ分野で経験を積む機会はありますか?
A5
授業風景白寿医療学院では静岡県高校野球、障害者野球のメディカルサポートに同行する機会があります。
試合中の怪我への対応や投手のクーリングダウン・ストレッチ指導など現場の対応に直に触れることができます。

基礎分野

心理学 法学 薬理学 栄養学 保健体育
英語(英会話含む) 医学英語

専門基礎分野

解剖学 生理学 運動学 臨床心理学
人間発達学 病理学概論 リハビリテーション医学
内科学 整形外科学 神経内科学 精神医学
小児科学 外科学 リハビリテーション概論
作業療法概論 言語療法概論 看護・介護概論 他

専門分野

理学療法概論Ⅰ 理学療法概論Ⅱ 臨床運動学
運動療法学 運動療法学実習 理学療法評価学 理学療法評価法
理学療法評価法実習 神経障害理学療法学
物理療法学 物理療法学実習
運動器障害理学療法学 呼吸器障害理学療法学
循環器障害理学療法学 理学療法技術論
日常生活技術論 生活環境論 義肢装具学
物理療法学 物理療法学実習
地域理学療法学 リハビリテーションセミナー 他

実 習

評価実習 総合実習Ⅰ・Ⅱ

実習体験
レポート

「臨床 実習」

実習に出るために
いろいろな実技を学びます。

実習施設では学んだ知識と技術を実際に患者様を対象に行います。

だから真剣! 気合いが 入ってます!

実習へ出る準備として、実技授業にも力が入ります。超音波画像診断検査の使い方、診方について勉強しています。

えーっと 関節の動きを 評価すると...

股関節の可動域検査の測定方法や実習指導を受けています。

実習の様子

どうして一人では立つことが難しいんだろう?
よく考えなきゃ!

明日も がんばろう!

実習施設では毎日実習の振り返りを直接丁寧に理学療法士の先生が指導してくれるんですよ。